食べ物

母乳の質を悪くする食品

投稿日:

母乳はお母さんの脂肪や血液などからできています。

ですから、お母さんが何を食べたかで母乳の味や質が左右されるともいえます。できれば赤ちゃんには質の良い母乳を飲ませてあげたいもの。授乳中に食事に気をつけていると、赤ちゃんに栄養がたっぷりといくだけでなく、アレルギーなどのトラブルとも無縁の元気な子に育っていきます。

 

 

主食

お餅や赤飯などのもち米食品、玄米、カレーライス、ハヤシライス

小麦粉類

ラーメン、スパゲッティ、ハンバーガー、ドーナツ

乳製品

牛乳、生クリーム、バター、アイスクリーム、チーズ、グラタン

肉類

牛肉、豚肉

魚介類

さば、うなぎ、生魚

果物

梨、柿

野菜

たけのこ、山菜、

油脂

動物性の脂、マヨネーズ

菓子類

ケーキなどの洋菓子、もち米などの和菓子、チョコレート、ピーナッツ類

飲料

サイダー、コーラーなどの炭酸飲料、アルコール、コーヒーなどのカフェインやタンニンが含まれるもの、ウーロン茶、緑茶

糖類

精製糖

もち米や玄米は消化不良が起こしやすく、ラーメンやスパゲッティは麺のつなぎに油脂類を使用しており詰まりの原因となります。

梨や柿は身体を冷やしやすく、栗は精が強いので湿疹がでやすくなります。そして、母乳の質を最悪なものにするといわれているのがマヨネーズです!

これらはなるべく控えるようにしましょう。

また、ノンカフェインで人気のハーブティーですが、中には授乳中には飲んではいけないものもありますので、ハーブティーなら大丈夫と安心しきってしまうのも危険です。飲む際には確認してからにしましょう。

そして、どちらかというと女性に多く見られる刺激物。キムチや豆板醤などの辛味が強いものは避けるようにします。

安心の食材を得る為に国産食材を使用した無農薬・無添加の定期食材配達などを利用するのもいいでしょう。

授乳中に控えたい飲み物

コーヒー、紅茶、緑茶

妊娠中はもちろん、授乳中も気をつけなくてはいけないのがカフェインが含まれる飲み物です。

特にコーヒーや紅茶、緑茶は妊娠するまで日常的に飲んでいただけに、急に飲むなといわれてもなかなか大変です。授乳中は、1杯程度なら飲んでも大丈夫といわれていますが、赤ちゃんが興奮したりぐずることが多くなったら控えたほうがいいでしょう。

乳製品

乳製品については、全般的にできるだけ摂取しないほうが良いといわれています。カルシウム補給の為に積極的な摂取をすすめられますが、あまり摂りすぎているとおっぱいが詰まり気味になってしまうのです。これは母乳の出を悪くする原因の一つにもなっています。また、アレルギーを誘発することにもなりますので注意が必要です。

人気記事

-食べ物

Copyright© 完全母乳育児 , 2019 AllRights Reserved.