母乳育児 母乳育児にまつわるニュース

他人の母乳を与えるリスク

投稿日:

最近母乳販売などを利用し他人から母乳をもらってまで母乳育児をしようするお母さんがいるようですが、母乳が出にくい、または出ないお母さんが他人から母乳をもらってわが子に与えても問題ないのでしょうか?

結論から言うと、ダメです。

感染症などを引き起こすリスクがあると言われています。

母乳を分けてくれた人がHIVや成人T細胞白血病(ATL)ウイルス、その他の感染症に感染していたら、子供も感染してしまう可能性があります。

これは知らない人の母乳に限った話ではありません。友人など知っている人であっても同じです。

昔は産婦人科などで母乳が出にくいお母さんが、母乳の沢山出るお母さんからもらい乳をしてわが子に授乳するといったこともあったようですが、今現在は感染症のリスクなどから一切行われておりません。

母乳販売で購入するのに他人の母乳

母乳販売が問題になっています。母乳販売を行っている会社では「安全・安心」とうたって販売しているようですが、実際は水や粉ミルクで薄められていたり、通常の母乳の1000倍もの細菌も検出されたケースもあり、厚生労働省や消費者庁が、ネット販売母乳に衛生上の問題があると注意を促しています。

母乳育児をしたいがために、不衛生かつ、感染症のリスクがある他人の母乳を使うのは本末転倒です。

母乳の出があまりよくないと悩んでいるお母さんには、無理のない範囲で母乳を与える混合授乳なども視野に入れることをオススメします。

最近では無理に完全母乳育児をやろうというよりは、ミルクと母乳の混合授乳で無理なく育児を行うのが主流になりつつあります。混合授乳は完全母乳育児にはないメリットもたくさんあります。育児は人によって色々なやり方があり、正解は人によって異るということをしっかり認識しましょう。

人気記事

-母乳育児, 母乳育児にまつわるニュース

Copyright© 完全母乳育児 , 2019 AllRights Reserved.